サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/01/05
白髪染めをするときには、髪の量も考えようを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めの効果を持続させるためにはを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めとパーマをやりたい人へを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めで髪にトリートメント効果をを新規投稿しました。
◆2016/01/05
夏と冬はどちらが白髪染めにいいのかを新規投稿しました。

白髪染めをするときには、髪の量も考えよう

白髪染めをするときには、キレイに仕上げたいというのは当たり前と言えます。そんな気持ちを実現するためにも白髪染めでは、かんがえておくべきことがあるのです。それは髪の量なのです。

髪の量と白髪染めの量

スーパーやドラッグストアだと白髪染めもたくさん売られています。たくさんのカラーがあってその選択肢が増えたのも嬉しい限りです。白髪染めしながら、おしゃれな色に染めることもかのうでしょう。そんな白髪染めですが、どれも均一同じ量が入っています。泡のタイプだと大抵の使いきりタイプです。けっこう髪に塗り込むとなると、量も案外使ってしまいます。そのときに、髪の量もかんがえておかないと、実際に白髪染めをしたときにまたやっていない部分があるのに、白髪染めの染料が足りないなんてことにもなるかもしれません。セミロングやショートならば大丈夫でしょうが、ロングの場合には万が一にそなえて、2つ買っておきそれを使った方がいいかもしれません。髪の量も考えてから、購入するようにしましょう。

もしも、余ってしまったら

ショートやセミロングだと、市販の白髪染めだと余ることも多々あります。そんなときは保管して次回も使えるのでしょうか。
泡タイプによくある2つの液体を混ぜるタイプだと、保管するのはできません。使いきりなのです。そのまま保管しても染色する能力が落ちたり、また使うと髪や頭皮を害することもあります。危険ですので余ったら捨てましょう。
白髪染めの種類や商品によっては、そのまま保管しても大丈夫なものもあります。よく確認しておきましょう。

最後に

白髪染めが足りないことがないようにして、しっかりと使うことが白髪染めを成功させるコツにもなっているのです。

▲PAGE TOP