サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/01/05
白髪染めをするときには、髪の量も考えようを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めの効果を持続させるためにはを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めとパーマをやりたい人へを新規投稿しました。
◆2016/01/05
白髪染めで髪にトリートメント効果をを新規投稿しました。
◆2016/01/05
夏と冬はどちらが白髪染めにいいのかを新規投稿しました。

白髪染めとパーマをやりたい人へ

年齢を重ねても髪型をいろいろと楽しみたいものです。特に女性だとパーマをかけてみたいという願望もあるでしょう。また、パーマをしてほうが髪のセットの手間も省けたりというメリットもあります。見た目だけでなく、他のメリットもパーマにはあるのです。

パーマも髪を痛めている

パーマもファッションとしてもいいのですが、やっぱりパーマ液や温風に照らすことで、髪へのダメージも大きいです。パーマをかけたら、そのあとの髪のケアも大切になってきます。

白髪染めとパーマをやりたい人へ

白髪も気になるからと白髪染めをしたい人も多いでしょう。また、白髪があってもパーマを楽しみたいという人もいます。では、白髪染めとパーマを両方やっても大丈夫でしょうか。
答えとしては両方やるのはリスクが高いです。トリートメントタイプやシャンプータイプでない白髪染めだと、髪を痛めるのですがら、両方やるのはリスクが高いです。もし、両方したいときにはまずは美容室に相談しましょう。

パーマからあてて白髪染めへ

両方する場合にはまずは、パーマをあてます。それから日にちをおいてから、白髪染めをします。もし、時間をかけれるのであれば、トリートメントタイプやシャンプータイプのを使うと、髪へのダメージも少なくてすみます。どうしても先のタイプが使えずにすぐに染めたい場合には、染めても髪のケアをしっかりするしかありません。

最後に

パーマを楽しみながら、さらに白髪染めもしたいのも当たり前の心理です。ぜひ、時間の間隔をあけながらやることは意識しておきましょう。

▲PAGE TOP